会社概要

会社概要

地盤調査の専門企業「ジオ・フロント」の会社概要をご紹介します。当社では、フィールドワークを中心とした地盤調査や土壌汚染調査、さく井工事など、地層・土壌に関するあらゆる業務を請け負っています。

社名ジオ・フロント株式会社
本社所在地〒130-0011
東京都墨田区石原3丁目8番地6号
TEL03-3829-0071
FAX03-3829-0082
URLhttp://www.geo-front.co.jp
茨城営業所〒300-0007
茨城県土浦市板谷6丁目651番地225号
TEL:029-832-1488
FAX:029-832-5682
資材置き場〒277-0053
千葉県柏市酒井根639丁目
代表者代表取締役 高清水 祐之(タカシミズ ヒロユキ)
営業種目【地質調査】
ボーリング地質調査、平板積荷試験、LLTなど各種現位置試験
軟弱地盤調査(NSWS、ジオ・フロント式-スウェーデン式サウンディング)
地下水調査(現地浸透試験、流れ向流速<熱量式>、現場透水試験)
地表踏査(地形・地質・植生)
地下空洞・亀裂・浸潤線及び斜め方向の地盤強度調査(NSWS使用)
物理探査(電気探査、磁場探査、物理探査)
室内土質試験(物理・力学試験、CBR試験)
現場管理(地質環境調査、施工管理試験、現場密度試験)
資材整理(データ整理・分析・解析・報告書作成)
設計・コンサルタント業務(砂地盤の液状化判定、擁壁地盤の検討、高圧ガスタンクなどの液状化判定、圧密沈下、斜面・盛土の安定計算など)

【工事ボーリング】
 チェックボーリング、岩盤ボーリング

【環境調査】
土壌汚染調査(地歴、試料採取、地質観察、化学分析)
耐震診断(コンクリートの中性化測定、圧縮強度試験、腐食性調査)

【さく井工事】
観測井戸設置、家庭・防災用井戸設置、温泉井戸掘削
主要機材ボーリングマシーン(ハンドフィード型・オイルフォード型100) 計10台
ボーリングマシーン小型機(オイルフォールド型50-ハンドフィード型3) 各1台 計2台
自走式環境調査機(エコプローブ・Eco1-vII) 計4台
自走式甲能力環境調査機(SP50・EP10) 各1台 計2台
SCSC「スクスク」(簡易式ボーリングマシーン)<エンジン搭載型・電気式型> 各1台 計2台
電気探査機器 計2式
電磁探査機器(CSAMT) 計1式
平板積荷試験機器 計3台
孔内水平積荷試験(LLT)機器 計3台
スウェーデン式サウンディング機器(自動式1台・半自動式2台・手動式2台) 計5台
地下水 流向流速計(熱量式・GFD-4) 計1台
新型サウンディング試験機(NSWS) 計1台
ガードレース根入れ調査装置(NST-2) 計1台
許可登録建設コンサルタント登録(土質及び基礎部門)建22第9622号
地質調査業者登録 質26第1806号
さく井工事業許可 般25号108873号
主要取引先大東建託 株式会社
大和ハウス工業 株式会社
高松建設 株式会社
日特建設 株式会社
中央設備エンジニアリング 株式会社
坪井工業 株式会社
ADEKA総合設備 株式会社
独立行政法人 日本原子力研究開発機構
東京都
都市再生機構
葛飾区
※順不同
設立年月日1988年9月15日
沿革1988年9月
千葉県松戸市串崎南町1135丁目に設立
1990年7月
本社を東京都江東区北砂1丁目13番地に移転
1993年8月
資本金100万円を1,200万円に増資
1993年10月
本社を東京都渋谷区恵比寿1丁目13番地6号に移転
1998年10月
本社を東京都墨田区横川3丁目9番地7号に移転
2003年11月
資本金を2,200万円に増資
2009年11月
本社を東京都墨田区石原3丁目8番地6号に移転
2009年12月
茨城営業所開設(土浦市)
2013年12月
資本金を2,900万円に増資
資本金2,900万円
取引銀行東京三菱UFJ銀行 押上支店
朝日信用金庫 押上支店
三井住友銀行 錦糸町支店
社員数29名(事務職員3名、技術職員26名)
有資格者有資格者
各種保険加入全地連・建設コンサルタント賠償補償制度
全地連・汚染地盤修復工事賠償補償制度
請負業者賠償責任保険
生産物賠償責任保険
主な加盟団体社団法人 関東地質調査業協会
社団法人 地盤工学会
エコプローブ協会

 

案内図

住所

墨田区石原3-8-6

電話

03-3829-0071

交通

JR総武各駅停車線、JR総武快速線、地下鉄半蔵門線、錦糸町駅北口
錦糸町駅北口出てすぐの都営バス「大塚駅行き」乗車(バス8分程度)
「石原三丁目」下車3分徒歩。(バスが便利です)

案内図

アクセスマップ