技術者募集

調査部員の20年未来展望

入社後先輩オペレーターの下で助手をする(3年)

中型運転免許取得、オペレーター見習い(2年)

地質調査技士試験受験と合格(3年)

現場代理人として他の複数のオペレーターの管理(5年)

技術士補・RCCM(シビル・コンサルティングマネー ジャー)の
受験と報告書執筆の能力をつける(5年)

国家試験である技術士試験への挑戦(5年)

技術士として幹部社員として活躍する

 

複雑な地形を持った日本は地震や土砂災 害、水害など様々な災害を発生させ、多 くの人々の生命財産を奪っています。私 たちの仕事は、これらの災害から人々の 生活を守る価値ある仕事です。

 

現場風景と仕事のイメージ

地質文献を調べる

地質文献による調査地の確認

隅田川の堤防を調べる

現場における調査の実施

資材置場で仲間と新しい機械の講習をうける

資材倉庫における機械操作の講習

つらいところ

野外なので、夏は暑く、冬は寒い。熱中症の時期は15分毎に休憩を入れる。泥水を使って掘削するので作業着がすぐ汚れる。重いものを持ったり、回したりの単純作業が続く。道が混めば通勤時間が長く、自由時間が少ない。

楽しいところ

大自然の中で働け、いろんな所へ行ける。普段入れない、米軍基地や巨大な工場の中、場所によっては温泉宿にも泊まれる。九州や北海道など)自分の創意工夫を実践できる。予定より早く終われば、早く帰れる。

ためになるところ

文系でも意欲があれば地質の専門家・技術者になれる。自分の判断で仕事を支配できる。土の中の状況を推理する楽しさは、何物にも替え難い喜びになる。逞しい肉体をつくる。

辛さの先にあるもの

  • 困難な現場をやりきった達成感。
  • トラブルから学び、事前に対策し、それがはまったときの喜び。
  • 隅田川から春の風が車内に吹き込むときのすがすがしさ。
  • 泥水を魔法のように操ってやりたいことをやる時の快感。
  • ともかく飯がうまい!

技術者募集のご案内

ジオ・フロントは現在、技術者の募集・採用を随時行っています。

現在募集している技術者の詳細は下記のとおりです。

  • 現場オペレーター
  • 現場助手
  • 技術士(土質及び基礎、応用理学、ほか)
  • RCCM
  • 土壌汚染調査技術管理者

当社の業務に興味をお持ちの方はお気軽にお問い合せください。
ご応募お待ちしております。

お問い合わせ先

03-3829-0071

営業時間

8:00~18:00 定休日祝日