• top_161215_r2_c1

MESSAGE

建物の基礎を支える地盤の強さや特徴を調べ、安心・安全な建物を作るための調査です。地盤調査は『地形や土質の理論』と『現場における的確なデータの採取及び解析技術』を結合させ、『高い倫理性をもって報告』する使命をもった極めて専門性をもった技術業務です。調査方法には、ボーリング地質調査、平板載荷試験、スウェーデン式サウンディングなどがあります。

業種ごとに必要な地盤調査のモデルケースの紹介

業種や目的によって必要な調査の種類や作業の内容、地盤対策は異なります。
当社では必要な調査をご提案し、それぞれのケースに最適なコンサルティングを行っています。

  • 一般企業関係者の方
  • 建設関係者の方
  • 個人のお客様
  • 工場関係者の方
  • マンションの管理組合の方
  • 法律・行政・学術関係の方

ジオ・フロントの多彩なサービス

地盤調査
  • 土壌汚染調査
  • GDF4
  • さく井工事

コラムの一覧はこちら

  • 2019.02.23ブロック塀倒壊事故の教訓

    2018年6月15日発行 地質時代第21号 2面  大阪府北部で震度6弱を記録した地震の影響で、同府高槻市立寿栄(じゅえい)小のブロック塀が倒壊して女児が亡くなった事故で、塀の基礎部分(高さ1.9メ...

  • 2019.02.23地震発生確率3%以下の地域が地震に襲われた!

    2018年6月15日発行 地質時代第21号 1面 地震発生確率は、3%以下  大阪府北部地震は、2018年6月18日7時58分、日本の大阪府北部を震源として発生した。地震の規模はM6.1(暫定値)で、震源の深さは13...

  • 2019.02.23聴竹居 環境共生住宅の原点

    2018年5月15日発行 地質時代第20号 2面 「聴竹居」(チョウチクキョ)は1928年(昭和3年)に建築家 藤井厚二(1888~1938)によって、京都府乙訓郡大山崎町に建てられました。40歳のときの作...

  • 2019.02.23ハワイ キラウエア火山の噴火

    2018年5月15日発行 地質時代第20号 1面 ハワイ島キラウエア火山の噴火は3日に始まり、17日には爆発的な噴火が発生。火山灰が上空9100メートルにまで吹き上がった。流れ出たマグマが海に到達するなど、...

  • 2019.02.23日本三大大崩

    2018年4月15日発行 地質時代第19号 2面1911年8月8日 稗田山崩れ(ひえだやまくずれ) 長野県小谷村 崩壊4日前に台風が通過。記録的な降雨があった。死者26名。土砂の崩壊地点からの到達点は6km。...

  • 2019.02.23大分県中津市耶馬渓の斜面崩壊

    2018年4月15日発行 地質時代第19号 1面 大分県中津市耶馬渓町金吉で11日未明に起きた山崩れの現場を調べた国土交通省の専門家チームは11日記者会見し、雨の影響がなかったとみられるのに崩れた原...

  • 2019.02.22永代橋落ちた 永代橋に刻まれた歴史

    2018年3月15日発行 地質時代第18号 2面               忠臣蔵の橋  1698年8月、五代将軍綱吉の50歳の誕生日を祝し、現在より100m上流に作られた。監督は、関東郡代、伊奈忠順があたった。資材...

  • 2019.02.22災害が炙り出す共同体

    2018年3月15日発行 地質時代第18号 1面 目に見えない財産 3月11日、東日本大震災から7年目を迎え、ニュースで沢山の特集が組まれた。家は復旧できても、目に見えない『ご近所付合い』の絆がなく...