• top_161215_r2_c1

MESSAGE

建物の基礎を支える地盤の強さや特徴を調べ、安心・安全な建物を作るための調査です。地盤調査は『地形や土質の理論』と『現場における的確なデータの採取及び解析技術』を結合させ、『高い倫理性をもって報告』する使命をもった極めて専門性をもった技術業務です。調査方法には、ボーリング地質調査、平板載荷試験、スウェーデン式サウンディングなどがあります。

業種ごとに必要な地盤調査のモデルケースの紹介

業種や目的によって必要な調査の種類や作業の内容、地盤対策は異なります。
当社では必要な調査をご提案し、それぞれのケースに最適なコンサルティングを行っています。

  • 一般企業関係者の方
  • 建設関係者の方
  • 個人のお客様
  • 工場関係者の方
  • マンションの管理組合の方
  • 法律・行政・学術関係の方

ジオ・フロントの多彩なサービス

地盤調査
  • 土壌汚染調査
  • GDF4
  • さく井工事

コラムの一覧はこちら

  • 2018.07.21関東地方の活断層と首都直下地震

    地質時代 第7号 2016年4月 2面①関谷断層(那須塩原、塩谷・M7.5)②内ノ龍断層(栃木県西部・M6.6)③片品川左岸断層(群馬県北部・M6.7)④大久保断層(前橋、桐生、足利・M7↑)⑤太田断層(桐生、太...

  • 2018.07.21平成28年熊本地震

    地質時代 第7号 2016年4月 1面 今回の地震で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、今もまだ、苦しい避難生活を送られている方々に、お見舞い申し上げます。  熊本地震の特徴は、第一、震度7が連...

  • 2018.07.21コラ半島超深度掘削孔

    地質時代 第6号 2015年4月 二面 コラ半島超深度掘削坑はソビエト連邦が行った地球の地殻深部を調べる科学的掘削計画である。1970年5月24日にコラ半島で掘削開始、本坑から何本もの支坑が掘られた。最も...

  • 2018.07.21玉川上水今昔物語

    地質時代 第5号 2015年4月 1面江戸は一日してならず 地質時代1号で、徳川家康は江戸入府に先立って、1594年~1654年に「利根川東遷」での関東平野の治水事業の実施を紹介しました。これに先立...

  • 2018.07.21浦安液状化裁判判決の本質

    下の写真は産業総合研究所による、茨城県神栖市の液状化地域でのトレンチ調査。泥層を突き抜けて地表に突き抜ける噴砂脈が観察できる。10月8日と31日、浦安市で発生した東日本大震災での液状化被害の損害賠...

  • 2018.07.21米国土木学会選定 20世紀10大プロジェクト『関空』の地盤沈下

    地質時代 第4号 2014年10月 二面   関西空港は、アメリカ土木学会の選定する20世紀の10大プロジェクトのうちの空港部門に選定されている。橋梁部門ではゴールデンブリッジ、高層ビル部門ではエン...

  • 2018.07.21御嶽山噴火と噴火予知

    地質時代 第4号 2014年10月発行 第1面  9月27日11時52分、秋の登山客で賑わう御嶽山が突如噴火、12名が死亡した。生存者の話では、山頂近くにいた人々は、山小屋や神社の庇に避難する1~2...

  • 2018.07.21江戸の遺跡

     地質時代 第3号 2014年9月発行 第2面 江戸の遺跡左の写真は、最近オープンした「コレド日本橋」の旧東急デパート新館跡地から発掘した18世紀中ごろの商家の遺跡です。小さくてわからないが、石組み...