• p1-3

MESSAGE

建物の基礎を支える地盤の強さや特徴を調べ、安心・安全な建物を作るための調査です。地盤調査は『地形や土質の理論』と『現場における的確なデータの採取及び解析技術』を結合させ、『高い倫理性をもって報告』する使命をもった極めて専門性をもった技術業務です。調査方法には、ボーリング地質調査、平板載荷試験、スウェーデン式サウンディングなどがあります。

業種ごとに必要な地盤調査のモデルケースの紹介

業種や目的によって必要な調査の種類や作業の内容、地盤対策は異なります。
当社では必要な調査をご提案し、それぞれのケースに最適なコンサルティングを行っています。

  • 一般企業関係者の方
  • 建設関係者の方
  • 個人のお客様
  • 工場関係者の方
  • マンションの管理組合の方
  • 法律・行政・学術関係の方

ジオ・フロントの多彩なサービス

地盤調査
  • 土壌汚染調査
  • GDF4
  • さく井工事

コラムの一覧はこちら

  • 2017.05.09地質時代 第8号 2017年5月8日発行

    ローマ帝国と秦帝国の道路の歴史と『猿百匹の現象』 英国の科学史家ジョセフ・ニーダム(1900-1995)は『紀元の前後数世紀における世界で、一つはイタリア半島の一角(古代ローマ)に、もう一つは中国で黄河の山...

  • 2017.01.16豊洲市場、突然の基準値オーバーを推理する!

    今まで、検出されなかったものが突如として検出されたのはなぜか?唯一、合理的な推理は、地下水が遮水壁の下か隙間から汚染物質を引き寄せたのではないだろうか?設計当初、遮水壁は、地下の不透水層に定着させ...

  • 2017.01.16葛飾区で地質調査の補助金30万円が支給されています

    葛飾区は地盤の液状化に対して、区として、液状化判定に伴う補助金を支給しています。詳しくは下記ホームページを参照してください。http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000059/1003399/1003416.htmlこの...

  • 2016.12.08地質時代 2016年4月第7号

    平成28年熊本地震 今回の地震で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、今もまだ、苦しい避難生活を送られている方々に、お見舞い申し上げます。熊本地震の特徴は、第一、震度7が連続発生したこと。第二、86...

  • 2016.12.08地質時代 2015年4月第6号

    玉川上水今昔物語江戸は一日してならず 地質時代1号で、徳川家康は江戸入府に先立って、1594年~1654年に「利根川東遷」での関東平野の治水事業の実施を紹介しました。これに先立 つ1590年、家康は...

  • 2016.12.08地質時代 2014年11月第5号

    浦安液状化判決の本質10月8日と31日、浦安市で発生した東日本大震災での液状化被害の損害賠償裁判が、相次いで一審、住民側敗訴の判決が下されました。8日の裁判では、三井不動産が1981年以降に行った...

  • 2016.12.08地質時代 2014年10月第4号

    9月27日11時52分、秋の登山客で賑わう御嶽山が突如噴火、12名が死亡した。生存者の話では、山頂近くにいた人々は、山小屋や神社の庇に避難する1~2秒差で生死を分けたという。アッという間に火山灰が積...

  • 2016.12.08地質時代 2014年9月第2号

    広島市土石流災害の悲劇!8月20日に発生した、広島市の土砂災害は、死者72名、行方不明者2名(8月29日現在)という悲劇をもたらしました。国土交通省の調べでは、全国に土砂災害の危険個所に指定されて...