• top_161215_r2_c1

MESSAGE

建物の基礎を支える地盤の強さや特徴を調べ、安心・安全な建物を作るための調査です。地盤調査は『地形や土質の理論』と『現場における的確なデータの採取及び解析技術』を結合させ、『高い倫理性をもって報告』する使命をもった極めて専門性をもった技術業務です。調査方法には、ボーリング地質調査、平板載荷試験、スウェーデン式サウンディングなどがあります。

業種ごとに必要な地盤調査のモデルケースの紹介

業種や目的によって必要な調査の種類や作業の内容、地盤対策は異なります。
当社では必要な調査をご提案し、それぞれのケースに最適なコンサルティングを行っています。

  • 一般企業関係者の方
  • 建設関係者の方
  • 個人のお客様
  • 工場関係者の方
  • マンションの管理組合の方
  • 法律・行政・学術関係の方

ジオ・フロントの多彩なサービス

地盤調査
  • 土壌汚染調査
  • GDF4
  • さく井工事

コラムの一覧はこちら

  • 2019.02.09法隆寺の驚異の制耐震技術!

    平成29年10月15日発行 地質時代第13号 1面 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺 世界最古の木造建築物である法隆寺は仏教布教のため聖徳太子によって608年建立された。「大化の改新」では仏教興隆の恩...

  • 2019.02.09大林組による三内丸山遺跡の工学的分析

     平成29年9月15日付 地質時代第12号 2面  ①人口の想定 : 常時住んでいた住民の人口を400~500人とした。大型建造物の建設を可能にするには、一人あたりの作業負担量を25~30キロとして、1回の仕事量 ...

  • 2019.02.05住居の変遷から見る日本史

      縄文時代の平和 数年前、青森県を旅行した際、三内丸山遺跡を見学する機会があった。この遺跡は日本最大級の縄文集落跡で、今から5,500年~4,000年前のもので、竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人や...

  • 2019.02.05井戸の歴史を探る

    平成29年8月15日発行 地質時代第11号 2面 最近、江戸川区役所から防災用井戸を落札することができた。そこで、井戸の歴史を調べてみた。  世界最古の井戸は、アメリカ・ニューメキシコ州のクローヴィ...

  • 2019.02.05治水の神様 兎王と田中丘隅

    平成29年8月15日発行 地質時代第11号 1面  異常気象による局地的豪雨や台風の頻発により、日本の土木事業、なかでも治水事業の重要性がますます増してきている。人類の歴史は自然との闘いと共存であっ...

  • 2019.02.05九州北部豪雨による土砂災害

    平成29年7月15日発行 地質時代第10号 1面異常気象が地形を変える   梅雨前線や台風第3号の影響により、九州北部地方を中心に局地的に猛烈な雨が降り、大雨となった。特に、7月5日から6日にかけては、...

  • 2019.02.05古代・中世の利根川と隅田川

    平成29年6月6日発行 地質時代第9号 2面 今の利根川は千葉県銚子市で太平洋に注いでいる。古代・中世には、猿が又(葛飾区水元)、亀有付近で三川に分流して江戸湾(東京湾)に注いでいた。猿が又で東に分...

  • 2019.02.02江戸都市化の治水工事 利根川東遷

    平成29年6月6日発行 地質時代第9号 1面 関東の連れ小便  1590年夏、秀吉は、一夜城で知られる小田原石垣山の山頂で放尿しながら、家康に関東八カ国(相模、武蔵、上野、下野、上総、安房、常陸)と...